【娘への手紙】明治時代のパトロネージュ(1)

京都は、ようやく涼しくなりました。

窓を開けて、庭を眺めていると、秋の香りがします。

私の祖父が、よく縁側に腰掛けて、本を読んだり、将棋を指したりしていましたが、今はあなたのお父さんの特等席よ。

休日には、1日中、縁側で読書をしているの。

祖父を思い出して、懐かしいわ。

私は祖父の書斎だった部屋で、この手紙を書いています。

大正時代から、私たち家族の営みは、変わっていませんね。

 

明治時代の絵画研究から、芸術家のパトロンたちにも興味を持つようになりました。

芸術家を支援する人を、パトロンを呼びます。

支援する行為は、パトロネージュです。

倒幕から、大政奉還を経て、日本の近代国家が誕生します。

混乱する世相の中にありながらも、商機をつかんだ商人たちは、政府よりもいち早く、近代的なインフラ整備に進出し、巨額の財を築いていきます。

その商人たちが、芸術のパトロンになったのです。

 

いまは、作庭家の重森三玲を支援したと言われる、安田善次郎について書かれた本を読んでいます。

重森三玲の考案した、美術大学設立を、支援する予定だったとか。

関東大震災で計画は中止になったそうですが、安田善次郎がどんな人だったのか、調べてみたくなりました。

善次郎は、彼が亡くなった大正10年(1921年)の資産が、2億円を超えていたと言われています。

エリート官僚の初任給が70円程度、国家予算が15億9100万円だったとか。

国家予算の8分の1の資産は、想像を絶しますね。

どんな人だったのか、一緒に調べていきましょう。

(2へ続きます)

 

 

 

【教育】哲学と宗教を教える

娘を、世界で活躍できる子にしたいと願っていました。

そのために、まずすべきことは「哲学」と「宗教」の教育です。

叔父が、海外で大学教授をしていました。

世界の哲学と宗教を知らずして、海外の知識人と信頼関係を築くことは難しいのだと、体験的に学んでいました。

ですので娘には、まだ価値観が定まっていない小学生の頃から、西洋哲学の基本的な思考方法を、簡単な言葉で教えていました。

宗教も、ニュースを見ながら、よく話題にしていました。

何よりも、哲学や宗教を簡単な言葉で説明できるくらい、親が真剣に学ぶことが大事でした。

 

【教育】安定した子供を育てる

早期教育で、子供の知能を伸ばす幼児教育の塾には、弊害があると思っていました。

子供は繊細です。

成長過程も、個々に違います。

早くに成果を出させるために、生活に無理をさせたり、記憶を強制すると、子供が不安定になります。

 

「お母さん、小さい頃は、思う存分に抱っこしてもらえて、好きに遊べて、薔薇色の生活だったよ」と言う娘の精神の安定は、今でも保たれています。

もちろん、イライラすることもあると言いますし、決して負の感情がないわけではありません。

幼い頃から、美しいものを見て涙を流したり、大声で子供を怒る大人の態度に、自分のことのように傷ついたり、豊かな感受性は育っています。

知性が高い分、もしかしたら、感情の動きは、私よりも大きいかもしれません。

違いは、自然に出てくる感情を、どのように表出するかです。

自分で感情の表現をコントロールできる人は、精神が安定して見えます。

安定している人とは、自分の感情に向き合う力が育っている人です。

ですが、幼い頃にタイムスケジュールに追われ、成果主義の生活が習慣化すると、感情に向き合う余裕がありません。

「とにかく、今は覚えなさい」

「とにかく、やればいい」

親が、その思考から、抜け出せなくなっています。

 

本を自分で読めるようになり、外界への興味が強くなる8歳頃までは、知識の詰め込みよりも、心の成長に気を配ることが大切だと感じています。

本当の成果は、安定した土台の上に、高く積み上がっていきます。

 

【教育】いつも怒っているのは子供に甘えている

娘は小さな頃から、ロジカルな思考を持っていました。

それは私が、「なぜ?」と考える習慣をつけさせたからです。

なぜ勉強しなければいけないのか。

なぜ学校に行くのか。

なぜ嘘をついてはいけないのか。

なぜ友達と仲良くしなければいけないのか。

全て理由を話していました。

 

叱るときにも、同じです。

人は誰でも、怒り始めると、一層感情的になります。

「怒っている」という雰囲気で、子供に怒り続けます。

ですが子供は、それを感じています。

本人は、怒られている理由も分かってます。

もうしないとも、考えています。

ですので、感情的に怒る大人へ、次第に冷静になるのです。

娘も小学4年生の頃には、

「お母さんは、怒りたくて怒り続けているのだろうけれど、私はもう、全部分かっているから。あとは、お母さんの好きに怒っていいよ」

と言っていました。

これには、私が気恥ずかしくなりました。

叱っている理由と、改善の方法を伝えれば、本当は十分です。

それ以上、怒り続けるのは、黙って聞いてくれる子供への甘えです。

私も自分の親に、「子供に甘えているなあ。ほかで感情的な話を聞いてくれる人がいないんだな」と思うこともありましたが、私も同じようにやっているのを実感した出来事でした。

「怒らせてくれて、ありがとう」

怒りながらも、片方では、子供の、親に対する愛情に感謝する気持ちも、持っていたいと思います。

 

 

 

 

【教育】親の感性を育てる

DSC_0429

先祖代々、京都に住んでいます。

名勝が多く、美の基準に厳しい町です。

この町で生きるのに、恥ずかしくない感性を、娘に躾けなければ。

娘ができた時から、決意していました。

京都は、住む人の向上心を、刺激する町です。

ぬるい感性で生きていたら、いきなりガツンと大恥をかきます。

娘の子育て以前に、私自身の感性を育て続ける必要性を、強く感じました。

私が感性で選んだものが、そのまま娘の感性になります。

言葉も、音楽も、絵も、料理も、人間関係も。

親になり、一番大変だったのは、自分を育てることだった気がします。

 

 

【教育】親の思考の深さが子供の生活を決める

子供の生活習慣を変えようと奮闘しても、たいていは徒労に終わります。

大人ですら、習慣を変えることは困難です。

子供の生活習慣を変えたいと思うのならば、まずは親が変わる必要があります。

「子供を自分の想い通りの人間に変えたい」という習慣を抜けるために。

 

娘は整理整頓が苦手でした。

机の上には、いつも使用済みのプリントが山積みです。

私は、きれいに片付いた机の上で、毎日勉強して欲しいと思っていました。

そういう子供が、「出来る子供」だと思っていたのです。

ですが、実は私自身も、子供の頃は整理整頓が苦手でした。

なぜ苦手だったのでしょう。

子供の頃から、やりたいことを、同時並行で取り組む癖がありました。

ですので、やりたいことが、すぐに手の届く場所にあって欲しいと思っていたのです。

私には合理的な机の上の配置でした。

それと同じように、娘も、彼女なりの理由があるはず。

彼女の生活習慣は、彼女の精神、身体の癖に適した形になっているのです。

それを親の都合で変えようとしても、逆に良い資質を押しつぶしてしまう原因になるかもしれません。

 

結局、机の上の整理整頓は、見過ごすことにしました。

娘が困っている様子がないということは、それでベストなのだと考えました。

今では、扱うものがプリントではなく、データになったので、机の上は整理されているようです。

整理整頓が苦手だったのではなく、扱うものが、整理しづらいものだっただけでした。

【教育】心の芯を安定させる

留学させることに、心配は一切ありませんでした。

この子なら、どんな場所でもやっていける。

そんな確信を持てるくらいに、娘の心の芯は安定していました。

もちろん、娘にも弱さはあります。

どれほど強い人に見えても、人は誰しも、自分では解決できない弱みを内包しています。

娘の芯の強さは、その弱さに不安を感じさせない、柔軟性のある強さでした。

柔軟性のある強さは、愛情で育まれます。

不本意なこと、目を背けたいことに対しての柔軟性の基本は、他者への愛です。

相容れない価値観に、嫌悪を抱くのではなく、興味をもつ。

「どうして、そうなっているのかな?」と疑問にしてしまうと、上からの目線で、相手を裁いてしまいます。

疑問形ではなく、まずは「彼は、そうなんだな」「ここでは、これがいいんだ」と受け入れる。

受け入れた上で、知る努力をするのです。

どうしても受け容れ難いものが出てきたとしても、最初から突っぱねるよりも、思慮深い言動ができます。

この行動が他者への愛情を育て、心の芯を安定させるのです。