【娘への手紙】アイビーリーグの夢を叶えた証拠写真

d11d06de-445f-4c5f-a4b6-2a62b5477c69

あなたと初めて英国に行ったのは、あなたが13歳の冬休みでした。

目的は、大英博物館と、ロイヤル・バレエ団の「胡桃割り人形」。

ロイヤル・バレエは、幼い頃からバレエを習い続けたあなたへの、クリスマス・プレゼントでした。

宝石箱のように美しいものが、この世にはたくさんあることを、あなたに知って欲しかったのです。

大英博物館は、2日間ほど通いましたね。

中学生になって、初めて世界史を学ぶあなたに、どうすれば歴史をビジュアル化できるようになるのかを、考えました。

歴史は、生きた人間が作ってきたものです。

教科書のなかの物語ではありません。

時間の流れのなか消えていったように見えても、確実にあったものです。

歴史のリアリティを、遺物のオーラから感じて欲しいと願いました。

大英博物館では、小さな子供たちが、親からレクチャーを受けている光景が普通にあります。

私もあなたへ、ギリシヤ時代の彫刻には、作った当時には彩色がしてあって、神殿は色鮮やかな空間だったのよと教えましたね。

あなたは、黒くて大きな瞳を、より一層大きく見開いて驚いたり、じっと遺物を見つめて考え込んだりしながら、私の話に耳を傾けていました。

 

ロンドンだけではなく、せっかくだから少し足を伸ばそうと、長距離バスに乗って、ケンブリッジ大学へ遊びに行きましたね。

ハリーポッターの映画そのままの美しい校舎で、あなたの写真を撮影しました。

写真を撮る前に、秘密の願いを告白するように遠慮深く、「私もこんな大学に行きたい。こんなきれいな大学で勉強したい」と言ったのを覚えています。

私は「きっと行けるよ。こんな美しい校舎で、勉強できるようになるよ」と答えました。

あたたは「本当にそうなる?」と心配そうに、何度か聞きました。

その時はまだ、あなたは夢が叶っていく過程を知りませんでした。

私はカメラを構えながら、「そうなるよ。じゃあ、その時に『あの時の夢が叶ったね』と分かるための証拠にしよう」と励まし、シャッターを押しました。

娘は帰国後、米国にも、アイビーリーグ、パブリック・アイビーリーグという、歴史ある美しい校舎を持つ名門大学群があることを知ります。

 

ケンブリッジ大学での写真は、今でも飾っています。

未来の夢に瞳をきらめかせた、小さな少女が微笑んでいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中