【娘への手紙】見えるもの、見えないもの。

IMG_20170411_180635.jpg

水仙がきれいね。

これは通学路?

建物のレンガの大きさが違うのが素敵。

街のなかに、美術品が点在してるみたい。

 

石村貞吉『有職故実』を読んでいました。

古から公家や武家に伝わる礼法、官制、服制などが書いてあります。

簡単に言えば、約束事の本です。

例えば、

「四方拝は、正月元旦に天皇が清涼殿の東庭において俗星の名を唱え、天地四方を拝し、次いで山稜を拝し、年の初めに当たって年中の厄災を攘い、宝祚の無窮を祈る儀式」

「御息所という呼び名は、休息所に伺候する女官のこと」

とか。

日本絵画を見るときに、有職故実を知らないと、何を描いてあるのか理解できないものもありますよ。

西洋絵画でも、同じですね。

キリスト教を知らないと、聖人の外伝である『黄金伝説』のなかのワンシーンを描いていると分からないはずです。

 

絵画は、感性だけで見ることもできますが、約束事を知ると、さらに深く味わえます。

服装で身分が分かったり。

「身分違いの恋を描いているのね」などと、装束だけで描かれた物語が読めるようになります。

詞書が読めない人でも楽しめますね。

 

 

物事を知らないと、ほかの人と同じ世界にいても、見えないことが増えてしまいます。

あなたが見ている世界と、私が見ている世界も、違うものが見えているのでしょうね。

同じ日本人で、親子で、同じ時間を多く過ごしたのに、知識によって見えているものが違うのは、面白いわね。