【娘への手紙】生活の中のアート

DSC_0005 6

明治時代に活躍した、木島桃村の展覧会の準備をしています。

古い京町屋の画廊で開催できる利点を、考えていました。

「描いていた当時の雰囲気を、再現できないかな?」

写真は残っていないので、そのままは無理です。

ですが雰囲気は、当時の様子を知ってもらえそう。

そういう展示の方が、私は好きです。

私も生活のなかに、いつもアートがありました。

あなたもそうね。

生活のなかに、アートとサイエンスがありました。

天の桃村にとって懐かしい光景を、作り出せるでしょうか。