【娘への手紙】大阪に及んだ京都画壇の影響力

IMG_20161104_093055

そちらは、もう寒いですか?

紅葉がきれいね。

いつも思うのです。

こんな美しい場所で毎日勉強していたら、魂まで、美しく磨かれそうです。

「どこで」で勉強をするのか。

決して、疎かにしてはいけない問題だと思うの。

学ぶ場所ほど、最高級の場所が良いと感じます。

 

私は先日、東京の根津美術館で、光村利藻の刀装具の展覧会を見ました。

明治時代に集められたものです。

明治の、京都画壇の重鎮で、画学校の創設に尽力した幸野楳嶺と親交があり、その門下生の竹内栖鳳がデザインした刀も展示してありました。

栖鳳の刀が見れるなんて。

珍しくて、驚きました。

最近、大阪、東京、京都と、3都市をうろうろしています。

おかげで、京都を見る目が変わりましたよ。

なんて嫋やかな作りの街なんだろうと、京都の街の「繊細さ」を、日々意識するようになりました。

柱の作りなんて、細くて、細やかで、人形の家みたい。

おままごとの家に住んでいるような感じです。