【娘への手紙】画の美しさは基本にある

fullsizeoutput_25

白い花を描こうとしているのですが、基本の大切さを痛感します。

私は、胡粉と岩絵具の白を使うのだけれど、胡粉を綺麗に発色させるのは、難しいわ。

今でも、胡粉をお皿に叩きつけながら、学校で習った基礎を、思い出しています。

 

絵の基礎は、5世紀の中国の画論に、学ぶことができます。

謝赫『古画品録』の「画の六法」です。

円山応挙や幸野楳嶺が教えて、私たちにも根付いている画論の基本は、六朝時代に、ほぼ完成しているのですよ。

六法はね、

「気韻生動」

「骨法用筆」

「応物象形」

「髄類賦彩」

「経営配置」

「伝意模写」

と書かれています。

1つずつ、意味があるのだけれど、

「絵の気品を表現するためには、確かな写生をもとに、適切な構図と色彩を使うように」

と言っていると覚えておけばいいわ。

 

とりわけ、絵には色彩が重要なのよ。

「髄類賦彩」とは、モチーフに相応しい色を塗ることです。

ですが、ただ上手に着彩することではないの。

「絵の具の艶が出るように色を施す」という意味ね。

見たままの色を塗っていれば、いいんじゃないのよ。

 

発色の悪い絵は、どんなに構図が優れていても、感動しないわね。

テーマが良くても、同じ。

例えば、美人画ね。

顔の胡粉が、膠で黄色く濁っていたら、最悪だわ。

しかも、溶け残った胡粉の粒が貼り付いていたら、顔の形は美しくても、醜女画ね。

なんて言いながら、私も胡粉の膠が、黄色く輪っかになったり。

これは、早く乾燥させたいときに、室温を上げすぎるからね。 

 

胡粉を塗る基本は、最小限の膠で溶き、上澄みだけを塗って、自然乾燥するのよ。

そうすると、美しく艶のある白になります。

基礎の技術を習得すると、思うものが、自在に描けるようになるのだけれど、忘れているものあるわ。

勉強し直さなきゃ。